2010年08月31日

筆跡学はニセ科学でいいのか

筆跡学・筆跡診断は、私はニセ科学でよいとおもうんだけど、

「ニセ科学」ってことばや筆跡学・筆跡診断のことをよく知らないと、
「筆跡学はニセ科学である」

っていわれても、抵抗感あるんじゃないかな。
「えー、だって、筆跡に個性ってでるじゃない。私も体験的にそういうの、あるかな、って思ってるんだけど−。そんな、100%うそっぱちって言っちゃっていいの? そういう思い込みこそ、科学的じゃないよ!」
みたいな。

というわけでたとえ話をします。
たとえば、宇宙人はいる、といってる人にも、いろんなこという人がいるわけです。

(1)「宇宙人は存在する」
(2)「宇宙人はアメリカ政府と接触しているがアメリカ政府は隠蔽してる」
(3)「宇宙人は銀色に光っている」
(4)「宇宙人と昨日一緒に飲んだ」

で、ひとつずつ。
(1)「宇宙人は存在する」
「それは絶対ありえない」
って断言するのは難しいし、できないでしょうね。
それを「そんなことぜったいにない!」って言い張るのは、それはそれで問題でしょう。

(2)「宇宙人はアメリカ政府と接触しているがアメリカ政府は隠蔽している」
これにたいしては、
「たわごとをいうな」
って言えますね。
これに関しては、「それは絶対ありえない」でいいでしょう。

(3)「宇宙人は銀色に光ってる」
これは、「絶対にあり得ない」ではないですが。
「根拠をだせ」
で。

(4)「宇宙人と昨日一緒に飲んだ」
「それは本当に宇宙人なのか。宇宙人だという証拠をみせろ」

っていう。いろいろなレベルがあるわけです。
で、(1)に関しては私も否定しませんね。
判断できないので保留します。
(3)〜(4)を言う人にたいして、
「しんじられない」
っていいたいだけですね。
で、「信じてほしいならそれなりの証拠をみせて」
って。

筆跡学もおなじです。

わたしは、
「性格が筆跡に出る」
という可能性を、100%否定してはいません。
ただ、だいぶ低い気もするんですよね。
ちゃんとした研究で、筆跡と性格に関連あるっていう安定した結果がでてないんですね。
でもまあこれは、科学の進歩でなにか変わる可能性だってあるわけで、保留です。
べつにあってもいいですけどね。

で、私がなにを問題だとかんじてるかというと、

ちゃんと結果が出せてないのに、まるで
「心理学的に証明されてますう。真実ですう」
って顔で「ある」っていって、商売にしたりせんせえがこどもの前でいうことね。
この一点において、「ニセ科学」とよばれる資格があるとおもうんです。
筆跡学・筆跡診断。

「ある」っていいたいなら、言い出した側がちゃんと実験して結果をだしてね。
そのさいには占いをつかってる黒田(1980)とクレッチマー類型論を使ってる槇田(1982)を引用しないようにね。
筆跡学・筆跡診断のひとは黒田論文と槇田論文が大好きですからね。
でもそろそろ80年代の論文は賞味期限切れですよ。
ちゃんと責任もって結果だしてから、いってね。

で、それはべつとして。
「べつに絶対そうだってわけじゃないけどさあ。そういう傾向あるかもしれないから、私は筆跡と性格が関係ある気がするなあ」
みたいなゆるい信念をもってる人がいちばん困るんだよな。

そういうゆるーいなにかが、なんとなく、けっこう多くの人に、共有されることで。
「人柄を判断するから履歴書は手書きで」
っていうヨタをゆるしてるんですからね。


字の形で就職が左右されてたまるか。
ふざけるな。
あと、手書きで字を書きたくない人は就職するな、っていうおろかさを許すな。
そういう世の中にしてるのは、みんなの「なんとなく」のせいなんですよ。

できれば、「ぜったいにある」って強固にしんじてるわけではないんだったら。
「ふたしかなものを安易に利用しない」「さわらぬ神にたたりなし」の方向で。
私は、小学校のころに先生に「あなたは男みたいな字だから性格も男みたいにあんまり考えずにいろんなこと決めるんだろう」っていわれたことありますよ。真顔で。
なんかね、真偽がともかくとして。こういうのは、「字が男みたいな女は性格も男みたい」とか「字が汚い人は性格も汚い」とか。どうしたってそういう方向に暴走しちゃうんですよ。
字の形と人格をむすびつける筆跡学・筆跡診断には社会的な問題にしたほうがいいほど、危ない部分をもっていることをちゃんと、かんがえてください。
万が一、もし、本当に筆跡と性格に関係があるっていう、そういう結果がでてしまったら。そのほうがむしろ、「字が汚いから性格が汚い」とかそういう悪ふざけは深刻な社会問題になるでしょうね。
もしほんとうに、「関係ある」っていう結果がでたら。むしろ。素人がおもしろ半分に人の字の形にあれこれいうのは、つつしまなければいけない風潮になるでしょう。
けっこうレベルの高い個人情報ですよ。

ちゃんと考えるのだったら、安易に人格と筆跡をむすびつける言動ができるはずはないとおもうのですが。
よっぽど強固な信念をもっているわけではないかぎり。

だからね。
ああ、そうか。

「べつに絶対そうだってわけじゃないけどさあ。そういう傾向あるかもしれないから、私は筆跡と性格が関係ある気がするなあ」

って、自分は中立よりの偏らない意見のつもりで言ってるのかもしれないけど。
じつは。
「べつに信じてないけどでも……」
って、きりだしながら筆跡学・筆跡診断を一部分でも肯定的に持ち出したら、それだけで。
けっこうかなり、筆跡学・筆跡診断に寄った信念の持ち主だと。
自覚したらいかがでしょうか。

血液型性格診断が科学的根拠ないし、さらにブラハラなんて言葉ができるくらい、差別的であるとして社会問題になってるのに、
「信じてるわけじゃないけど気になるから血液型おしえて」
っていう人は。
「信じてるわけじゃない」って自分自身が信じてるだけで。
かなり血液型性格診断と仲良しさんなのとおなじでしょう。

どうかんがえたって、「信じてるわけじゃない」んだったら、そんな、誰かを不愉快にさせる可能性のあるものを、わざわざ話題にしたりはしないでしょ。
ばかばかしい。

で、信じてるんだったら他人をなっとくさせるだけの根拠をだしてから商売にしたり、先生が教室でいったりしましょう。
あと、信じてるんだったらそれこそ、(筆跡だとか血液型だとか)個人情報をだだもらしすることに問題ないんですか。
っていうこともかんがえましょう。
posted by なかのまき at 21:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ニセ科学;筆跡学