2011年01月05日

書写・書道の先生にのぞむこと

なんどか紹介した

小林比出代(こばやし・ひでよ)2005「左利き者の望ましい硬筆筆記具の持ち方に関する文献的考察―書写教育の見地から」『書写書道宇教育研究』20 pp.30-40

についてとりあげます。

まずね、この論文、タイトルと中身がちょっとずれてるんですね。

かなりのスペースを、左利き・左手書字者の右手矯正の是非について生物学・心理学的にお勉強した結果のまとめに使ってて、そこまで「左利き者の望ましい筆記具の持ち方」にかんして、スペースを割いてないんです。
しかも、「左利き者の望ましい筆記具の持ち方」についてなにいってるかというと、箱崎総一の『左利き書道教本』の紹介してるだけなんですよね。
私はあんまり『左利き書道教本』すきじゃない。
こんなめんどうくさい無意味なことやるくらいなら毛筆書道やる必要なくない?
と、つねづねおもってしまうわけで。

この論文のキモは、『左利き書道教本』のおしらせ、ではなく、
先行論文をひいて、左利きに右手矯正をさせることははたしていいことなの?
という問いにあるとおもいます。
「左利き者の右手書字矯正の是非をめぐって―生物学・心理学的観点から」
みたいなタイトルなら、よかったかな。

で、論文の大詰めとなるのが、以下。
小林氏は、利き手について、生物学と心理学からアプローチします。


V 左利き及び左利き者の書字に関する文献学的考察―生物学・心理学の分野から
9 左手書字から右手書字への「矯正」の是非
(略)
 生物学及び心理学の見地から考察した場合、右利きが多数派ゆえに、右利きの方が社会生活において便利との理由だけで安易に利き手を変更させることには強い危惧の念を抱く。(略)利き手及びその変更に関する問題は脳のプログラムと直接かつ密接に関わる点を理解した上で、本質的な課題について熟慮し、利き手に関する問題において本当に変えなければならないものは何なのかを理解する必要がある。少数派とされる左利きの在り方を理解し、日常生活の諸場面で様々な方策を講ずることが望ましい。(p.35)



ここの記述のなにを問題かと考えるかというと、


今現在、実際にひだりききでありながら、右手書字をして生活をしている人への想像力の欠如です。

小林氏が、

馬場一雄(1996)「左利き」『小児内科』28-10 p.1447
「(既に発生した左利きに対し)現在では、左利きは遺伝や左半球の障害のような生物学的な要因に基づくことがほぼ明らかになっているから、無理に右利きに変えることは有害無益であると考えるものが多い」

八田武志(1996)『左ききの神経心理学』(医歯薬出版株式会社)
「ある人が左ききであるということは右脳が優れた手指運動機能を持ち細かい運動コントロールを巧みにできることが遺伝的にプログラムされていることになる。このような遺伝的なプログラムがあるのに、わざわざ反対の左脳に手指運動コントロールを委ねようとするのは(中略)仮にうまく右手での書字や道具の使用が可能になっても、左手であればはるかに優れた機能を持てたかもしれないということになろう」

などといった論を引用し、利き手変更が「生物学的」によくないことなのではないかという可能性を述べています。
「うまれつき優れている方の手じゃない方に矯正したら、脳に悪い影響がでないか」
という懸念です。

ここが、私はきもちわるいんです。
まず、そこまで言えるほど左手利きのしくみは解明されてないでしょう。
で、いま、右手書字をしてるひだりききなんかいっぱいいるわけですよ?
あと、「小さい頃に矯正されて右利きになった」って人も、私の同世代にも、まだまだいます。
じゃあ、そういう人たちは矯正をうけたことで脳になんか悪い影響が出てる人たちなの?
というのと、うまれつき右利きで、病気や事故かなんかで、右手でペンをもてなくなって、左手をつかって生活してる人たちがいます。そういう人たちは脳になんか悪い影響がでるの?

そこまで、生物学的に決定的なものなの? 利き手って。
生涯まもりとおさなければ生物学的に支障がでるほどに?
そこまでいえるほど、利き手の研究はすすんでいますか?
また、もし仮にそういえたとしたって、病気などで利き手が使えなくなった人の利き手変更をさえぎらなければいけないほどの支障がでるんですか?

「うまれつきだから矯正しちゃだめ」
という説に私が抵抗をかんじるのは、今現在、矯正をうけて生活の全部であれ一部であれ、右手をつかってやっている人への想像力が、あまりにも欠如しているからです。
また、余儀なく利き手変更をしなければいけなかった人への想像力も。


だいたい、そもそも「利き手」ってなに?
ちっちゃいころに親に矯正されて「私はみぎきき」っておもってる元左ききとか。
左ききと自認しているけど、字は右手でかく人とか。
かぎりなく両手利きにちかい人とか。

私は自分でも「ひだりきき」っておもってるし、わりとなんでも左手でやってしまうほうですが、
パソコンのマウスは右手持ちです。
あと、なんか財布から金を出すときは右手で出します。

あと一番大きいのは、楽器の弓を右手で持ちます。
楽器の弓は、ふつう利き手で持つもの。
でも、私は非利き手でもってます。子どもの頃にうむをいわさずそうやれと言われたので仕方ないですね。
だからといって、
八田氏のいうように「左手であればはるかに優れた機能を持てたかもしれない」かと考えると、わかんないですね。
べつに利き手で弓もってる人たちに劣ってるとは考えませんし。
慣れもおおきいじゃない?

あとは、しりあいに左手利きで、右手書字者の書家がいます。
この人もべつに、非利き手を商売道具にしているからといって、利き手で字をかいてるひとに引け目を感じているようにもみえません。

というか、今現在、右利きの人がやってるように、ぜんぶのことを利き手でやることって、左ききの人には難しいんですよ。かならず、右利き同様に右手を使わなければいけない場面はあります。
それなのに、いきなり「利き手じゃないほうを使うと脳に影響が」なんていらないおどしをかけないでほしいんです。

私は、今の段階では極力いいたくないのですが、ひだりてききの人が右手書字をしたい場合、その権利も保障されなければいけない、と、おもいます。書道やるならかならず必要です。この権利。
もちろん、ひだりてききの人が左手書字をする権利もまったく同等に保障するという前提があって、ですが。

それを、「脳に影響が出るから」とおどしをかけてはいけませんよ。
右ききだろうが左ききだろうが、右手で字をかいても、左手で字をかいてもいいんです。
今の段階では、ちょっと、ぜんぜんこういうこといいたくないけど。

なので、生物学的根拠をいくらならべて「左ききはうまれつきだから矯正しちゃだめ」とくりかえしても、しょうがないでしょう。

けっきょく、みぎききかひだりききか、という個人の属性は関係ないんです。
小林氏も述べていますが、大切なのは、社会をかえること。

利き手に関する問題において本当に変えなければならないものは何なのかを理解する必要がある。少数派とされる左利きの在り方を理解し、日常生活の諸場面で様々な方策を講ずることが望ましい。


この小林氏の意見に賛同します。

日常生活の諸場面で左手書字者がこうむるさまざまな不利益をなくしていきましょう。とくに左手書字者のこどもにとってすごいめいわくな、義務教育における毛筆必修を廃止し、手書き文字偏重をみなおしてください。
左手書字者に手で字をかくことを強制せず、パソコンによる書字を手書きとおなじように保障してください。
どうしても左手書字者にてがきの字をかかせたいなら、現行の文字の字体をぜんぶ、右手でも左手でも問題なくかけるものに改造してください。

書写の先生がやらなければいけないことって、「脳に影響がでるかもだから、矯正だめ」って左ききと左ききの子の親をおどしつけることではなく、そういうことでしょう。
そういう議論を、のぞみます。
生物学・心理学については、もう少し専門家の研究成果が蓄積されるのを待ちましょう。いまの段階ではなんとも。


えーと。あと、かんけいないけど。

小林氏がかなり主要な先行文献としてあげて、なんども引用している

坂野登1998『しぐさでわかるあなたの「利き脳」自分でも知らなかった脳の”性格”と”クセ”』(日本実業出版社)

という本ですが、だいじょうぶですか?
いや私はこの分野にはぜんぜんくわしくないのですが、
タイトルがなんともかんとも。
posted by なかのまき at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書道教育