2009年12月27日

初音ミクのせいで歌手が失業する(わけない)

「とめはねっ!」についてなんにもかいてないですね。
いや、なんかあんまり好きじゃないマンガについていろいろかくのが面倒くさくて進まないんですね。

どうせなら好きなものについてなら、いくらでもかきたいのに。
たとえば初音ミクとか。初音ミクかわいい。かわいいです。

私のPCにも一人住んでます。
ちょっと用事があって、さる筋から頂いたのですが、その日からもう、私はミク厨。
「ミクたん、あのね、わたし今日ね、先生への年賀状は筆で書けとか言われたんだよ〜。もーやだ、明日学校いきたくないよぅ」
とか言いながら。
「だいじょ〜ぶだよ〜♪ きにしないでー♪」
と、ミクに歌を歌ってもらって癒されるという可哀想な日々をおくってました。ひどいや。

初音ミクは、二次元美少女萌えな部分はさておき、(そこもたいへんに重要ですが)
私は歌詞を乗せられるという意味で画期的な楽器(音源)という位置づけだとかんがえてます。

使ってみて思うのは、MIDIのうちこみと一緒だな。と。
実際、初音ミクにMIDIファイルを流し込むこともできます。
それで、ピッチとか、ベロシティとか
ぐりぐり数値をいじって、上手に歌わせることが楽しいので。
もう、決定的に機械なんですよ。初音ミク。
なので、人間が歌うしくみとはだいぶちがいますね。
だから、人間にしか出来ない歌い方ってのもあるし、逆に初音ミクにしかできない歌い方っていうのもあって。

初音ミクが出てきたって、人間の歌手は失業するかもなんて心配してないでしょ。

こう、やっぱり、

「初音ミクのせいで歌手という職業はほろびるかも!」

と本気で心配してるのと同じくらいのばかばかしさを

「パソコンのせいで書道は滅びる」

に感じるんですよね。
「歌をうたう」に、人間いがいに初音ミク(VOCALOID)という選択肢が増えた、ってことで。それ以上の意味はないとおもうのに。
どうして初音ミクが人間を駆逐する、なんて思えるのか。
0か100かの二極っていう世界にすんでるわけじゃないのに。
そういうばかばかしさなんですよ。
「パソコンのせいで書道はほろびる」は。


posted by なかのまき at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 書道教育
この記事へのコメント
また、しょどーまんが、みつけました。
http://www.bk1.jp/product/03131484?t=T
1かん、よみましたが、
「しょどー=とってもおくふかい」
って ろせんの よーです。
ねたに なれば さいわい。
Posted by kadoja at 2009年12月29日 22:58
kadojaさん
情報ありがとうございます。
さっそくよみました。

よくある青春マンガで、書道をだしにつかったという程度のマンガです。
今のところの印象としては「毒にも薬にもならない」というかんじですが、今後注意してみます。
ネタになりそうになったらとりあげます。

Posted by なかのまき at 2010年01月11日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34411884

この記事へのトラックバック