2010年01月14日

書は人なりって硬筆でも毛筆でもいえるんでしょうか。 あ、疑似科学ならなんだって言えるね。

文字と人格に関係はあるのか。
というか、文字と人格との関係は、正直どうでもいいのですが、どうして書道の人がやたらと文字と人格を結びつけたがるのかが気になります。
なんだろ。これ。

とめはね6巻より


「書は人なり」という
言葉があります。

書にはその人の
個性が出るの

(『とめはねっ! 鈴里高校』第6巻 第七十二話 強豪校の書道部』161p 河合克敏・小学館)


鈴里高校書道部部長の日野さんの言葉です。
ちょっときになるのですが。


さて。
私は、「書は人なり」という言葉、誰が言い出したのか気になってます。
典拠があるかどうか知りたいんですけど。
なんかあるんですかね。

で、「書は人なり」って言葉あるけど。
書道の人はどんだけ本気で信じてるの?
というのも気になります。

ユーキャンのCMみたく、「字で人格が判断される場合もあるよ、字が汚いと損するよ」って、いらない不安をあおっててがき文字コンプレックスを持つ人から金をまきあげる商売をするつもりで言っているのか。
本当に「書は人なり」って思ってるのか。

まあどっちでもいいんですけど。(というか、どっちでもよくないんですけど)
興味本位で。ちょっと知りたい。

個人的に、「字に人格がでる」って、あの「血液型性格判断」レベルのアホらしさなんじゃないかって。根拠もなく私は思ってるのですが。
わりと「血液型性格判断」(のダメさかげん)については研究が進んでるようですが「書は人なり」についてはどうなんだろ……と。
軽くネットで検索してみましたら。

ウィキペディアにありました。

筆跡学

筆跡学(ひっせきがく、グラフォロジー、Graphologie)とは、手書き文字の分析、個々の心理的特性を推測することを目的とする手法。
筆跡「学」がついているので学問と誤認されていることがあるが、統一論理や検証方法が存在しないため学問ではない。世界的に疑似科学として認知されている。


あ、ちゃんと疑似科学なんだ。
私が「書は人なり」なんてうさんくさいだろって、そこからいう必要はないんですね。ああ、よかった。
参考文献もあげられているので、さっそく注文して読んでみます。
楽しみだ。

で、先日も紹介した押木秀樹氏のサイトに、書道と性格について書いてあったので紹介します。


手書き文字の科学 手書き文字に関する会話
-ちょっと知りたくありませんか?-



(ウェブ魚拓)
手書き文字の科学 手書き文字に関する会話
-ちょっと知りたくありませんか?


引用します。



・「字は人をあらわす」って言うけど、ほんとかな?
 ・少なくとも、1000年くらい前の中国でもそう言われてたね。
※中国の書論より
 ・で、「字は人をあらわす」って、ほんと?
 ・うーん、そう言う研究して人がいて、そう言う結果もでてますね。
  ※槙田先生の文献など
(略)
・ヨーロッパには、筆跡鑑定家がいて、研究をグラフォロジイっていうんだね。
※黒田先生の本など
(略)
・ねえねえ、私の字を見て、どんな性格だと思う?
 ・はちゃめちゃな性格!
 ・それは、性格じゃなくて、字がはちゃめちゃなだけ。。
 ・でもね、字をみてその人の性格を想像しちゃうことはあって、
  へんな字を書いていると損するみたいですよ。
 ・たとえば?
 ・字が汚く・くずれていて乱雑、読みにくくしかもかわいくない場合には、
  その人は「学校、職場の問題者やトラブルメーカーのような暴力タイプ」である
  と見られる。また、字が小さくこじんまりした印象を与え、弱々しく暗い感じが
  する場合には、「おとなしくて問題を起こさないタイプ」であると見られる。
  これにくわえて、汚く読みにくい場合は、「内にこもり少々ノイローゼ傾向の
  ある変わり者タイプ」と見られてしまうのである。
※押木の調査より
 ・それは、見られるだけで、そういう性格ってわけじゃないですよね。
 ・そりゃまあ、そうですが、、、。



グラフォロジイは疑似科学……なんですよね。ウィキペディアさん。
うーん。「手書き文字の科学」っていうタイトルでこの内容はすごいなあ。

もし、このタイトルがなかったとしても。
疑似科学とされてるものを、大学の先生がこんなに無邪気に書いちゃっていいんでしょうか。
教育学はオカルトでも疑似科学でもなく、まぎれもなく科学、でなくてはいけないはず。
だと、私は思うのですが。
posted by なかのまき at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ニセ科学;筆跡学
この記事へのコメント
大学教授がどうかより、wikiを1番に信用してる頭がヤバイ。
Posted by ahoaho at 2012年10月15日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34748653

この記事へのトラックバック