2010年01月27日

365〜366日字を手でかかない生活

いつか、
1年間いっさい字をかかずにいきるという実験をしてみたい。です。
それでブログにあっぷする。
「今日は、クレジットカードで買い物をしようとしたが、手で字をかけないのであきらめた」
みたいな日常を。たんたんと。ブログで記録しつづけるの。


ただねー、ほんとうは、これは私のやることじゃなくて、
「左手で字が書きにくいならパソコンでかけばいいじゃない」
っていったひとにこそ、率先して実行してもらいたい。
あなたはほんとうに、てがきの字をてばなせるの?

ただ、だから、
「手書きの字を書かないで生きることは不可能である! 左手利きにも手で字をかく権利がある。左手書字を認めろ」
っていうのは、どうなんだろう、それって。
じっさいに、身体や、心の都合で、手で字をかけない人だっている。
そうかんがえると、「手で字をかく権利」なんて、贅沢なねがいなのでしょうか。
「手でかけないと不便なんだ!」ていって、不便を根拠に「左利きだって手で字をかく権利がある」とかいっちゃいけないんじゃないだろうか。
そもそも、不便をなくすことをかんがえなきゃいけないんじゃないか。

「パソコンでかけばいいじゃない」は、その意味では正論なんですね。手書きの字が書けないいまのよのなかが不便なんだったら、パソコンでいっさいの字を書けるようにしなきゃいけないんです。

左手利きが不便を根拠にしてしまうと、その不便にしがみついてしまって、不便を温存してしまうことになる。
手でペンを持てない人にとって、それはひどいことなのではないだろうか。

posted by なかのまき at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 左手で字をかくこと
この記事へのコメント
>「左手で字が書きにくいならパソコンでかけばいいじゃない」

こういう非現実的な事を言う人がいるんですね・・・・・
「右手で書けばいいじゃない」と言われた方がまだ現実的だなと受け止められますね。
実際に、万年筆や筆で字を書く場合は左手は若干書きづらいですし。
Posted by cube at 2010年01月29日 13:31
cubeさん、コメントありがとうございます。

「パソコンで書けばいいじゃない」なんか、おもいっきり、「パンがないならお菓子をたべれないいじゃない」レベルの発言ですよね。

将来的には現実のものになってくれたら、じっさい私としては、うれしいんですけどね。

それはそれとして、「パソコンで書けばいいじゃない」は、現時点では、だめですね。「お菓子を食べればいいじゃない」と一緒です。

万年筆は左手書字用に調節も可、なので、問題はやっぱり、字、ですねえ。
Posted by なかのまき at 2010年01月29日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34959630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック