2010年02月25日

ほんとうは、いろいろ知ってるんです

前回の記事の
「自分がなにやってるんだかわかんない」のうちわけ。

ひとつめ。
筆順がのさばりすぎてる世の中がひどすぎて、いきていくのがつらい
について。

でもね。やっぱりね。むかしの左手利きよりわたしは、だいぶ生きやすいことは、それはわかってるんです。
むしろ、「私が左手で書くのが当然だ」って、思うことを、いろんな人に承認されて生きてきたから、「じゃあ筆順ってなんだよ!」って思えるわけで。「左利きは親のしつけがわるかったからだ。恥ずかしい」(←しらないオヤジに面と向かっていわれたことあり)とか、そういうことを自分で思ってしまっていたら、筆順にたいして腹をたてたりしないから。「すべて私がわるいんです」って。思って終わりです。

「私が左手で書くのが当然だ」って思って成長できたのは、昔、左手利きの人や、左手利きのことを考えた人が、いっぱいがんばってくれたからです。
「たしかに、左手利きの矯正っておかしいよね。私のこどもはちゃんと、左手利きとして生きさせよう」って、私の親が思えるくらいに、先にいきた左利きがたくさん、世の中に声を届けたからです。

私は、まだ少しは、楽に生きさせてもらったことに、感謝しているので。
そういう、先にいきたひとのやってきたことを、無駄にしたくない。
たまにはへしょげながら、でも、まあ。初音ミクたんになぐめてもらって。
なんか、やりたいんですよ。なんか。

ってわけで、「生きにくい」については終わり。
で、もやもやのもうひとつは、

筆順について。

筆順については、
「いや、あれ左手で字かくときつかえないよね?」
で終わりじゃないですか。
現行の”正しい筆順”なんか、それいった時点で終了です。

「筆順は大切」とかいってる人は、
できるものなら、左手書字者を無視した教育をやりつづけるための、正当な理由をだせるものなら出してみればいいでしょう。
どんなにさかだちしたって、「左手書字を行う学習者にとっては不利益にしかならない」をひっくりかえして、「いや、現行の”正しい”筆順は正しい」と正当化できることばなんか、出てくるわけがないです。
せいぜい、「左手書字?なにそれ、おいしいの?」とすっとぼけるか、「左手で字が書きにくいならパソコンで書けばいいじゃない」と話をすりかえることしかできないんです。
あ、「筆順は大切。でも、左手ききは勝手にすれば?私、しらなーい」とかダブルスタンダードしてみるとかね。

だから、私がそれ以上、なんか筆順について言うのって。たとえば
「筆順の”正しさ”は時や場所によって違うんだよ?」
「右手書字者にとっても、あれは横書きするときには役にたたないよ?」
「横書きが普及したときに、書道教育にたずさわる人間は、筆順のていれを怠ったまま、変化を乱れとさわぎたてて不安をあおって、効果があるとは思えない毛筆書道を義務教育にねじ込んだんだよ。本当に、筆順て”正しい”の?」
「筆順の正しさが、漢字の習熟度とか、そんな関係ないものまではかる基準になっちゃってるよ」
とか。とか、いろいろなことをいうことについては、もうそこまでしてくると、わたしなにがしたいんだろう。

ただ、
「筆順は、左利きだからいやなんです」
に、
「あ、うん。そーだね、もうやめようか」
っていってほしい。いってほしいじゃない。言うだけならタダですからね。
わかってほしい。

私は、”正しい筆順”を攻撃したいわけではなく、左手で字をかくことがないがしろにされているのがいやなわけで。
なのに、いつのまにか”正しい筆順”は正しくない!
って、自分がいいたかったような気分になってしまったようなきがして、自分がなにをしてんだか、ちょっとよくわからなくなってきたので。

いや、使えるものは使いましょう。
筆順そのもののうさんくささを伝えることで、結果的に左手で字がかきやすくなるのだったら、それでもいいんだけど。
いいのかなあ。わからないです。
ってわけで、ちょっと混乱してるのでひとやすみ。です。
まあ、けつろんでないまま、また話はじめるとおもいますけど。

あと、最終目標は筆順なんかじゃない。
漢字がいや。
漢字そのものが、かきにくいんです。
ひらがなもアルファベットもハングルも左手で書きにくいけど。
漢字よりはずいぶんまし。
漢字がいやです。

結論としては、
ほんとうは、漢字だってどっかにやってほしいけど。とりあえず、いますぐできるところやりましょう。漢字を左手で字をかくこどもにおしつけるならせめて、筆順くらいどーにかできないの? できるでしょ。 できるところからやりましょおよ。
せめて、左手で字を書く人を、”正しい”筆順から自由にしてよ。
「筆順正しくないからおまえバカ」とか、そういうこと、やめましょうよ。
posted by なかのまき at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 左手で字をかくこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35608578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック