2010年04月30日

「字で人柄を判断されちゃうこともあるから」……なんだ?

2010年1月11日の
「書道と二次元美少女について」

の記事でかいた、ユーキャンのCMについて。

「字でその人の人柄まで判断されるからボールペン習字に金を落とせ」と、蒼井さんが言ってるCMですが。

これ、ユーキャンはいったいなにをいってるのか。
ということを。考えて。
まず、ボールペン習字の金ヅルは字の汚い人(というか、自分は字が汚いと、てがきコンプレックスをもっている人)であるということはまあ、議論の余地はないでしょう。
字が汚い人に、「お前の人柄が字で判断されてんだぞ」と、おどしをかけているわけです。
が、いろいろかんがえられます。

1.字と人柄の関係は明確にできてないけど(そして長い歴史をかけても関係あるっていう結論をだせてないけど、だからこれからも出せる可能性はだいぶ低いけど)、どっかの迷信深いひとが「字が汚いとそのひとの人柄まで汚い」なんて決めつけてアホなことを言い出すかもしれないから、そんなことで損しないように、ペン習字をならいましょう

2.字と人柄に関係があって、あなたは人柄が汚いから字も汚いんだけど、せめて字だけでも矯正して世間をあざむき、あなたの悪い人柄を(いずれはばれるけど)一時的に隠蔽しましょう。

3.字と人柄に関係があって、あなたは字が汚いから人柄も汚いんです。字をうつくしくすることで、あなたの人柄も美しくなります。


さあ。どれがいいですか。
いや、どれがいいって問題ではないけど。
というか。どれもいやだけど。というか、どれも失礼きわまりないはなしですが。

1はただのカモ宣言ですよね。
「ユーキャンは筆跡学というニセ科学を(わかってて)商売道具にしてる。おまえはいいカモだ」

で、2がわりと建設的で最悪。

ということで、ここでは3ということで考えましょう。

汚い字を美しくすることで、悪い人柄の矯正までできるという。
なんておとくな。

で。私は字も心も汚いので。
ユーキャンのボールペン習字に金をおとすと、人柄もよくなるんですよ。

字がうまくなれば、人柄もよくなってね。
「左手ききが字をかくときに不利益をこうむってる」
とかいわなくなるんですよ。
「やっぱり、協調性ってたいせつよね、私も右手で字をかく練習をしなくっちゃ」
とかね。いうようになるんですよ。いい人だー。
「左手ききはパソコンで字をかけとか、人をばかにするのもたいがいにしろ」
とは言わないんですよ。
「やっぱりね、人間、謙虚にいきなきゃ。不満を言わないことがたいせつ。私1人がちょっとガマンすればいいだけの話よね。うん、私、手書きの字が書けなくて不便な思いしても、文句いわない!」
って、言うんですよ。
「字が汚い人は人格がみすぼらしいとか決めつけるなんて、最悪だ!」
とかいわないんですよ。
「ニセ科学を信じている、その人にも信仰の自由はあるのよ。いくら、根拠のない自分の思い込みだけで他人にひどい判断をくだす人であっても、やさしく見守ってあげなくちゃ。どんなにちっぽけな虫けらだって、ガンバって生きてるんだから!」
って……あれ。
「人柄がいい」とはいえませんね。人を虫けらあつかい。
あれ。いくら一生懸命演じても、そもそも私に「いい人柄」の構想がないから、こんなことになっちゃうわけで。
えーと、そもそも「人柄がいい」って、どんな状態の人のことをいうんですかね。



あ、そうそう。
「美文字トレーニング」ですが。
ちょこっとやってみたんですよ。
あの、すごい笑えましたので。
これは、動画でご紹介します。
実況プレイ動画で。

とりあえず、でも「美文字トレーニング」と一緒に買った美少女ゲームをやるので忙しいので。
もう、ゴールデンウィークはずーっと美少女ゲームやってますので。「美文字トレーニング」はその後。


posted by なかのまき at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニセ科学;筆跡学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37466487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック