2010年06月25日

「うまれつきかうまれつきじゃないか」っていう研究は意味ないんですよー

白垣潤・梅下弘樹(2010)「発達障害児および発達障害が疑われる幼児の発達特性と家庭環境に関する研究―津守式乳幼児精神発達診断法を用いて」『岡崎女子短期大学研究紀要』43

いや、なんとなくタイトルがぎょっとするようなタイトルなので気になって読んでみました。
「家庭環境」って!
え? いつの時代の研究? 2010年?
……ほんきですか。

では、引用します。



近年、幼稚園や保育所で発達障害児および発達障害が疑われる気になる幼児が増加傾向である。(略)本研究では、発達障害児および教育・保育現場で発達障害が疑われている幼児の発達特性について、性別、家庭環境、診断の有無の要因が発達の特性にどのように関わっているのかについて、津守式乳幼児精神発達診断法を用いて横断的に検討した。(p.41)


はあ。


対象は、岡崎市内の公立保育園に在籍する幼児66名(男児48名、女児18名)であった(54.2±12.7か月)(Table1)。また、対象児を性別(男、女)家庭環境(良好、保育者の報告によって問題があるとされた家庭)、医師による障害の診断の有無(有、無)のそれぞれの群によっても検討を行った。


で、Table1の実物をはっておきます。(クリックすると大きいのがみえます)

IMG625.jpg

で、この家庭環境(保育者の報告によって問題があるとされた家庭)のなにが「問題」なのかというと。
異なりだけ書き出します。

母子家庭
父がDVの疑い
父子家庭
母中国人で日本語不能
ネグレクトの疑い
母居るが祖母が中心に育児
父がほとんど家庭不在
母がうつ病でネグレクトの疑い
母子家庭・ネグレクト
両親再婚家庭
母フィリピン人で日本語不能
多子貧困家庭
母親が長期時間深夜勤務
母パニック障害
両親ともに転職が多い
祖父母が中心的に育児
両親ともギャンブル依存
両親とも聾唖者


以上が「保育者の報告によって問題があるとされた家庭」です。
えーと。「問題があるとされた家庭」の「された」って、なんですかね。
「保育者の報告を聞き取った白垣氏・梅下氏の判断によって問題があるとされた家庭」ってことですよね。
「白垣氏・梅下氏によって問題があるとされた家庭」
ってことだよね。
この「された」って、迷惑の受け身ですね。
それいがいにかんがえられないんだけど。

この研究さー。どっちかっていうと、2010年時点において、大学の研究職についてるよーな人間がどんな家庭環境を”問題”と考えているのか、という。
そういう研究の一次資料につかえそうじゃないですかね。
というか、それ以外の資料としてはまったく意味がない論文じゃないですかね。

で、えっと、この論文の結論としては

発達の遅れのある子どもについては、家庭のしつけの問題に帰すよりもまず発達の遅れについて慎重に検討する必要があると思われる。発達障害については、発達という側面から、遺伝か環境かという議論がされてきており、また環境要因で発達障害に類似した症状を呈する症例も報告されている。(p.44)


私はこのジャンルについてはまったくわからないんですが
あまり意味のない研究を、大学の研究費つかってやらないでほしいんですが。

だいたい、
「発達の遅れのある子どもについては、家庭のしつけの問題に帰すよりもまず発達の遅れについて慎重に検討する必要があると思われる。」
って、どんな日本語だ。挿入部分である「家庭のしつけの問題に帰すよりも」を抜くと、

「発達の遅れのある子どもについては、まず発達の遅れについて慎重に検討する必要があると思われる。」

となりまして。これは……すごいな。
あと、「家庭環境」って、この論文では「家庭のしつけ」のことですか。
保育者にすべての責任をおしつけて、「おまえたちが悪いんだ!」っていいたいのかな、と。
四方八方に無責任な論文だな。


で。


家庭環境に問題がある群は、母子家庭・父子家庭、DVやネグレクトの疑いなど明確に問題がある事例のみを問題群にいれたが(略)
(p.44)


って、かいてありますけど。
母子家庭のなにが「明確に問題」なんですかね。
母中国人で日本語不能のなにが「明確に問題」なんですかね。
両親ともに転職が多いのなにが「明確に問題」なんですかね。
両親とも聾唖者のなにが「明確に問題」なんですかね。

私にはぜんぜん問題が明確でないんですけど。
いったいなにを「問題」としているのか、さっぱりわかりません。
というか、いったいなにをもって家庭環境を「良好」としているんですか。

posted by なかのまき at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39194698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック