2010年08月26日

ニセ科学と書育

大手筆記具メーカーZEBRAのニセ科学ページ
「しまうまくんの筆跡診断テスト」

をみていてリンクがはられて気がついたのですが。

日本筆記具工業界 書育 書く力は、育む力

というページがものすごく問題だとおもいます。
トップページより引用します。


紙に書いた文字や絵
それが笑っていたり、怒っていたり、まじめだったり、おどけていたり…。
書いた人の顔が見えてきます。手書きは、あったかい。
そう、「手書き」は、自分の身体から出てくる「知」に「心」を込める作業。
知性を育み、感性を育む、手書きコミュニケーション。
私たちが、未来に残さなければならないものの一つです。



こう、どうして手書き擁護ということになると精神論に走りがちなんだろう。
ZEBRAがニセ科学筆跡学に走ってしまったのもこのへんにあるのでしょう。
パソコンによってペンの売り上げが落ちるという恐怖感から、パソコンを悪者にしたてあげて手書きの大切さをうったえる。
という。

中のページも引用します。

書育とは?

書くことによって三つの力が育まれる。
昨今、携帯電話やPCの普及により筆記具を使って書く行為が少なくなっています。その影響で、日本語力の低下やコミュニケーション能力の不足、脳の働きの低下なども起こっていると言われています。

「書く」という行為には、文字を記録する以外にも様々なメリットがあります。例えば、

◦気持ちや考えを表現し、相手に伝える
◦創造性を高め、思考を刺激する
◦目標を心に深く刻み、記憶を高める
日本筆記具工業会では、このような「書く」ことの大切さを、より多くの方々に知っていただき、そのメリットを感じていただけるような活動を「書育」(しょいく)と名付け、広く社会に貢献していけるよう、各会員企業と共同して続けてまいります。

でね。
何度も書きますが、

左手書字者は「パンがなければお菓子をたべればいいじゃない」みたいなノリで、「左手で字が書きにくいならパソコンで書けばいいじゃない」っていわれてるんですよ。

それかんがえたら、

「昨今、携帯電話やPCの普及により筆記具を使って書く行為が少なくなっています。その影響で、日本語力の低下やコミュニケーション能力の不足、脳の働きの低下なども起こっていると言われています。」

よくもこんなふざけたことをかけますね。
左手書字者に手書きを禁止するような人間がいて、その一方で「日本語力の低下」とか「コミュニケーション能力の不足」「脳の働きの低下」と、手書きしないことをおとしめる。
これも何度も書きますが、
パソコンや携帯のおかげで、さまざまな都合で手書きの文字が書きにくいひとやかけない人が文章をかくことときの、負担があるていど軽減できるようになったのです。
それはどうかんがえたっていいことなんです。

それを「PCの影響で日本語力の低下」とか。よくもいえるものですね。


しかも根拠もなく。


手書きと「日本語力の低下」「コミュニケーション能力の不足」「脳の働きの低下」になんか関係あるんですか。
「なんとなく」でそんなことをウェブ上でたれながしてるならゆるせません。
というか、そもそも「日本語力の低下」「コミュニケーション能力の不足」「脳の働きの低下」は本当におこってるんですか?

おこっているのだという論拠をしめしてほしいです。
日本筆記具工業界のひと。

根拠もなくいいかげんなことをいって、しかも特定の人をおとしめるような発言をウェブ上で発信しているのだとしたら。


広く社会に貢献していけるよう、各会員企業と共同して続けてまいります。


この発言と矛盾してます。

さて。

この問題しかないページですが。

書育関連投稿文

というところに。
投稿してる大学の先生。

手書きの機会がへったことと「日本語力の低下」「コミュニケーション能力の不足」「脳の働きの低下」を結びつけるという
非科学的きわまりないずさんなページに名前をだすことにまったく疑問を感じないんですか。

大学で教授とか呼ばれてるひとたちのなかで、こんなにたくさんの人が、手書きと「日本語力の低下」を結びつけて疑問をかんじないというのは。ちょっと、うすら寒い。
ちょっと多すぎるでしょ。これは。

posted by なかのまき at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ニセ科学;筆跡学
この記事へのコメント
そこになまえだしてるキョージュたち、なかには研究らしきことしてるひともいるよーなので、なまえから追跡して、ぜひネタにしてください。なんか、つっこんでくれといっているようにみえます。
Posted by kadoja at 2010年08月27日 00:48
とりあえず鈴木恵子氏について記事にしてみました。
追跡します
Posted by なかのまき at 2010年08月30日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40382262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック