2011年03月03日

夢物語としてのかさこじぞう

伊藤龍平(いとう・りょうへい)2009「昔話唱歌・唱歌劇と植民地下台湾の国語教育」『國學院雑誌』110−11 pp.421-433

この論文がおもしろいので、どこを引用しようかまよったので、とりあえず一箇所だけ引用します。

例えば、近代以降もっとも有名となった「桃太郎」(大成名は「桃の子太郎」)の場合を考えてみよう。近世期の絵巻や草双紙の「桃太郎」は、川上から流れてきた不思議な桃を食べて若返った爺と婆が男の子を産むという所謂「回春型」の筋が一般的であった。それが近代になって教材説話化された際に、おそらくセックスの問題を回避するためだと思わるが、桃から直接、男の子が産まれる「果生型」の筋が採択され、それ以前に一般的だった「回春型」の「桃太郎」は駆逐されていった。同時に桃太郎の行き先も鬼ヶ島に限定され、在地伝承に散見される「山行き型」や「地獄行き型」などのタイプも顧みられなくなっていった。かつて野村純一が指摘した、犬・猿・雉の従者たちが登場せず、何もしないで寝てばかりいる「寝太郎型」の桃太郎や、便所の屋根から落ちる慌て者の桃太郎もまた然り。「桃太郎」といえば、桃から生まれた男の子が、お爺さん・お婆さんに育てられて成長し、やがてキビ団子を携えて、犬・猿・雉とともに鬼ヶ島へ鬼退治にいくものとの共通観念が全国的に定着したのである。
 事態は学会においても変わらず、研究者たちの多くも「統合」への夢を胸にフィールドを歩いていた。(略)
こうして、どこにもないが誰でも知っている「昔話」が大量に生まれた。唱歌や唱歌遊戯、唱歌劇の「桃太郎」は、いずれもカノン化の果てに生成したものである。(p.430)


わたし、この部分をよんでびっくりしたんですが、そうでもないですか?
私は回春型のももたろうとか、寝太郎型のももたろうとか、全然しらなかったー。
というわけで、

みんなが、「ももたろう」のストーリーをどうとらえているのか。
「ももたろう」の「ふつーのはなし」をしりたくて、wikipediaをひいてみました。
そしたら、この記事の「概要」が、いいのねー。
たぶん、民俗学にくわしい人がかいてる。


桃太郎の物語は、いくつかの場面で出典により違いがある。ただし、物語後半にある鬼との戦いの場面では、概ねどの書籍でも桃太郎側の視点での勧善懲悪物語となっている。

桃太郎の出生に関しては、桃から生まれたとする場合や、桃を食べた老夫婦が若返って子供を産んだとする場合がある。

桃太郎の成長過程については、お爺さんとお婆さんの期待通り働き者に育ったとする場合や、三年寝太郎のように力持ちで大きな体に育つが怠け者で寝てばかりいるとする場合がある。

成長した桃太郎は、鬼ヶ島の鬼が人々を苦しめていることを理由に鬼退治に旅立つが、その決意を自発的に行う場合と、村人や殿などに言われて消極的に行う場合とがある。

出征時には両親から黍団子を餞別に貰う。道中、遭遇するイヌ、サル、キジにその黍団子を分け与えて家来にする。

鬼ヶ島での鬼との戦いで勝利をおさめ、鬼が方々から奪っていった財宝を持って帰り、最終的に郷里のお爺さん・お婆さんの元に帰って幸せに暮らしたとして物語は締めくくられる。
桃太郎-wikipedia)


さて、というわけで、なにも学術論文をよまなくてもその気になれば昔話の多様性はネット上できがるに知ることができる時代になりました。

それをふまえて。
かさこじぞうのあつかいについて、いろいろ国語教育の論文をよんでみたのですが。

いろいろわかったことがあります。


まず、民話「笠地蔵」は教科書に採択されるにあたって、岩崎京子氏の再話によるものを採用した。
また、それによって、岩崎京子版「かさこじぞう」がカノン化した。

教室のなかでの「かさこじぞう」のあつかいについては、多くの実践研究論文では、貧乏ななかでも賢く、冷静で、前向きにおたがいにきづかいあったじいさまとばあさまの心の交流を中心にとらえているようです。
じいさんの地蔵信仰と、コメやモチをもってくる場面は、庶民の夢物語・ファンタジーとしてわりとさらりとながすのが主流な気がしました。
まあ。「かさこじぞうの」の国語教育におけるあつかいが、ふつうは

「正しい行いをするものは救われる」

じゃないということがわかって、安心しましたよ。

あとなんか、ネット読んでいて目について、一次資料にあたってウラとってないんだけど。
1980年代に教科書の「かさこじぞう」って自民党に「貧乏くさい話」と批判されたの?
このへんはちょっと時間あるときに調べます。

なんか、学習指導要領の変更で神話の導入って、どうするの。
って話をかこうかな、とおもってたんですが、
しらべはじめると、昔話もすごいむずかしいねえ。

道徳教育と縁をきったらもうすこし、楽になりそうではあるけど。
posted by なかのまき at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43671433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック